長時間パソコンやスマホを使った後など目を酷使したあとに目がかすみます。

老眼と言えば一般的に、40前後から始まる老化現象です。

ですが、最近は老眼と同じような症状が若い人にもおこっています。

長時間のスマホの利用が原因で、目を酷使することで目のピント調節機能が低下し、手元が見にくい、夕方になると物がみずらくなるといった症状が現れます。

私もスマホの使い過ぎで、目のかすみや疲れなどを感じることがあるので、とても心配です。

ですが、一般的な老眼と異なり、症状は一時的なことが多く、予防や改善策を行えば治る場合もあります。まず、長時間続けて画面を見続けないようにしましょう。

定期的に休憩を挟んだり、遠くをみるだけでも効果はあります。

次に、スマホを使うときには、画面から適度な距離をとることが大事です。

40センチほど画面から話すだけで、目の負担は軽減されます。

最後に、目のトレーニングを行うと、よいです。
遠い場所と違い場所を交互に見たり、眼球を動かしたりすることも効果的です。

現代ではスマホの利用はかかせないと思います。

スマホ老眼にならないように、予防や改善法をおこないながら、適度に利用しましょう。

手元が見にくい、目がかすむ、そういった症状に悩んでいる方は多いと思います。

最近では、若い世代にもスマホ老眼が広がっています。

エンキンは、そういった症状の原因である、目のピント調節機能を助けるとともに、目の使用による、肩への負担を和らげてくれるサプリメントとなっています。

エンキンにはルテイン、アスタキサンチン、シアニジン-3-グルコシド、DHAなど目にいい成分がたっぷりと含まれています。

臨床実験もおこなわれており、目のピント調節機能や首筋の症状の改善がしっかりと証明されています。

さらに、日本初の目の機能性食品でもあり、安心感も違います。

初回限定でお安く試すことができるので、スマホを長時間使う方、めのかすみが気になる方など、ぜひ効果を実感してください。

ただし、スマホ老眼の根本的な解決は、日々の生活習慣にあると思うので、エンキンと併用して行うようにしてください。

日々、酷使している目をエンキンを使いながらでいたわりましょう。
えんきん